加圧注入処理により生まれます ハウスガードシステム

くさらない木で建てる家
ほんとうに安心な住まい、それは地震から
あなたの家族の命を守ることができる家です。
くさらない木で建てる家

木材は、「加圧注入処理」という技術で、「緑の柱」へと生まれ変わります。
本来、無垢材が持っている、暖かさ、風合い、強靱さはそのままに、比類のない耐久性を持ち、寸法や形状の変化を抑制した理想的な建材 が「緑の柱」です。

寸法安定処理DSシステム

寸法安定処理DSシステム
寸法安定処理DSシステム

この木材は一般的な塗布処理材に比べ、20倍以上の薬剤量の差があるので、内部まで保存剤が浸透しています。

マイトレックACQを浸透させ、非常に高い効果を半永久的に持続する 防腐・防蟻効果が自慢

【左】加圧式注入処理木材(ハウスガード)/【右】塗布処理木材(一般的な方法)

緑の柱」は内部まで保存剤が浸透しています。
この2枚の写真を比べて下さい。右の写真「塗布処理木材」は、木材の内部まで薬液が浸透しておらず、木材に傷がつけば薬剤が剥がれ、効果がなくなってしまう恐れがあります。一方、の写真「加圧注入処理木材」は、内部まで保存剤が浸透し、しかも保存剤の効力は半永久ですので、非常に高い効果が持続します。

『100年腐らないシロアリに食べられない「緑の柱」』「緑の柱」を使うことで、腐れやシロアリ被害を受けやすいという木造住宅の欠点を克服しています。

保証期間20年~長期間にわたってシンプルな方法で守ります。~(※最大300万円目で保証)

ハウスガードシステムに採用している加圧注入処理木材は,基本的にメンテナンスフリーです。
だから、土壌部分だけを10年後にメンテナンス(有償)するだけの非常にシンプルなシステムです。

保証期間20年~長期間にわたってシンプルな方法で守ります。~

PAGE-TOP