ZEH

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのこと。
高断熱性能、高効率な省エネ設備により、年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロ(またはマイナス)の住宅を指します。
これらの設備により、日常生活にかかる電気代を大きく削減できるメリットや、災害時や停電時にも蓄えた電力を利用できるメリットが生まれます。

夏涼しく、冬暖かく、快適な住宅

ZEH(Net Zero Energy House)

(断熱+省エネ)-創エネ≦0

ZEHには補助金が交付されます

国はZEHを勧めるために、補助金を交付しております。
※申込み期間等の制限があります。
※蓄電置を同時に設置する場合も交付があります。

国の方針

国は2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。

主に必要な設備等(はやま建設の場合)

  1. 断熱性能を上げる吹付け断熱材(アクアフォーム)
  2. 断熱性能の高い窓・サッシ(サーモスL)
  3. HEMSの設置 Home Energy Management System
  4. 省エネ性の高い機器(高性能エアコン・エコキュート等)
  5. LED照明器具6.太陽光発電システム※他にも間取り等により条件が異なります。 

※ 特別な機械は不要です。

住まいの断熱性を高めることで、省エネルギー対策を施した住宅

改正省エネルギー住宅

断熱+省エネ

国の方針

国は2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。

主に必要な設備等

  1. 断熱性能を上げる吹付け断熱材(アクアフォーム)
  2. 断熱性能の高い窓・サッシ(サーモスL)

※ 他にも、個別の住宅等により条件が異なります。

ZEHビルダー

ZEH(ゼッチ)ビルダーとは

ZEH(ゼッチ)ビルダーとは

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

ZEH(ゼッチ)ビルダーとは

この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。

当社では「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。

ZEH普及率目標及び実績(各事業年度におけるZEHの建築割合目標)

※注文住宅・建売住宅全体に対するZEHの割合
年度目標実績
平成28年度8%0%
平成29年度16%0%
平成30年度32%2%
平成31年度/令和元年度40%0%
令和2年度50%

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページや展示会場にて、ZEH登録事業者であることの告知とZEHに関する情報を提供し、お客様への周知、普及を行っていきます。
ZEH仕様住宅のプラン提案を積極的に行っていきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

関連業者様との協力、連携により、コストの見直しや削減案を検討していきます。
パッシブデザイン住宅によるコストダウンを図り、提案していきます。

その他の取り組みなど

ZEHに関する情報をお客様へ提供していけるよう、定期的に情報収集や社員教育を行っていきます。

MODEL HOUSE/無料見学会/ -HAYAMAの家を体感しよう

PAGE-TOP